外壁・屋根塗装

それぞれの住まいに合わせたご提案をいたします

当社では、お客様の意見を出来る限り受け止め、確かな目で外壁・屋根の状況を診断し、劣化具合に合わせた最適な施工法をご提案するようにしております。

戸建てはもちろん、マンション・ハイツ・工場・施設なども幅広く対応し、外壁・屋根塗装において鍵となる“塗料選び”にも一切妥協はいたしません。
外壁材や既存の塗膜との相性をのはもちろんのこと、断熱・遮熱といった機能面も考慮。
お客様の暮らしをより快適にするべく、細かなところまで気を配ります。

また、色のご相談についても数々の経験をもとにバランスの良い配色をお伝えいたします。
皆様のお悩みやご要望をしっかり踏まえ、美しく持ちの良い外壁塗装を叶えてみせます。

 

断熱塗装で省エネに

「エアコンの効きが悪い」「冬場、家にいても外にいるかのように寒い」そんなお悩みを持ったことはありませんか?
実は、これも塗装によって改善できるのです。
断熱塗装をすることで室内の保温機能が向上し、エアコンの効きが良くなります。
そうなると光熱費が抑えられたり、余計な電力を使わず地球にやさしい住まいが実現。
ぜひ、お悩みの際は当社まで一度、ご相談してみてください。

 

こんな症状はありませんか?

外壁の塗り替えの目安はおよそ7~10年ごとと言われています。
しかし、立地条件や施工法、建物に塗られている塗料によって異なるもの。

家の外壁を一度チェックしてみてください。以下のような症状を発見したら、塗り替え時期が来ています。

□ 壁のひび割れ
一見何事もないように見えてもよく見れば「無数にひび割れが起こってる」なんてことも。
ひびが入ると、そこから建物の中に水が侵入し、構造自体を腐らせる原因になります。

□ 壁にさわると手に白い粉がつく
1日のうち、1番長く日が当たる壁にさわってみましょう。
白い粉がつくのは塗料が劣化し、粉状になっている証拠。外壁を保護する力が失われています。

□ コケ、藻が生えている
湿気の多い場所や日当たりの悪い場所を確かめてみてください。
この現象が起きていれば、すでに塗料の防水効果が切れていると推測されます。

□ コーキングが切れたり、ひびが入っている
コーキングとは壁の隙間を埋める目地材のこと。
奥に引っ込んで見える場合も要注意!建物への水の浸入を許し、劣化や腐食の原因になってしまいます。

一覧ページに戻る