雨漏り・防水工事

工事の目安は、7年~10年に塗り替えを行うのがいいでしょう。
経年するにつれ、雨・雪・紫外線などの自然の影響を受けるため、建物の劣化が進んでしまいます。

外壁のひび割れ・外壁の剥がれが見られる場合はすぐに当社までご連絡ください。
もし、放置しておくと建物の躯体・下地材に影響が及んでしまい、大掛かりな工事が必要になることも……。

いつまでも快適に暮らせるよう、定期的にメンテナンスを行い、お住まいのケアをしていきましょう◎

 

建物を守るために最適な防水工事を行いましょう

■ FRP防水
「ガラス繊維強化プラスチック」を応用して防水層を形成する工法です。
軽量かつ丈夫で、耐水・耐食・耐候性に優れている上にさまざまな形状に製作でき、着色も自由に行うことができます。

■ ウレタン防水
液体のウレタンを塗り込むことで防水層を形成する工法です。
特徴は下地の形状に馴染みやすく、作業が簡単なため短期間で終わらせることができる分、安価でコストを抑えることができます。
つなぎ目のない防水層ができるため、屋上・ベランダなど施工場所を問いません。

また、もともとある防水層の上から塗ることができる上に、高性能のウレタンを重ね塗りして弾性を高めることも可能です。

■ ゴムシート防水
シート状の合成ゴムでできている防水シートを接着剤などで下地材に貼り付ける工法です。
材質が合成ゴムで伸縮性が高く伸びやすいため、下地材の亀裂にも柔軟に対応してくれます。
また、温度による物性変化が少ない分、耐用年数も長いです。

■ 塩ビシート防水
耐候性に優れた塩化ビニール樹脂を基に、耐久性を付与した防水シートを使用した工法。
紫外線・熱・オゾンなどに優れた耐久性を持ちながら、カラフルな色や模様を施すことも可能です。
塩ビシートは柔らかく曲げやすく、施工がしやすい分、下地材の撤去が必要ないため、改修の際に最適です。

一覧ページに戻る